主婦が消費者金融を利用するなら

「主婦は消費者金融を利用できるの?」

 

結論から言って、答えはYESです。
ただし、無条件にOKと言うわけではありません。

 

当サイトでは主婦の方の消費者金融利用に関する注意や、おすすめの消費者金融会社情報を紹介しています。

公式サイトへ

 

公式サイトへ

 

公式サイトへ

 

公式サイトへ

 

公式サイトへ

主婦のキャッシングの基本

総量規制が敷かれ、年収の3分の1までしかキャッシングできないことになっている現在の貸金業界。専業主婦にとっては配偶者の同意書、婚姻証明書などがなくては借入を行うことができなくなりました。そのため、主婦が消費者金融でお金を借りるということは昔以上に難しくなっています。しかし、銀行系のキャッシングはこれに当てはまらないのをご存知でしょうか。

 

キャッシングを行っている業者は「ノンバンク」と「銀行系」に分かれています。ノンバンク系の業者には貸金業法が適用されていますが、銀行系のキャッシングにおいては貸金業法は適用されません。よって、主婦でも借入をすることが可能なのです。銀行系は金利も低く借りられるので、利息の負担が減るのも嬉しいところです。

 

ただ、専業主婦の場合はサラリーマンと違い、収入がないので借入ができる金額の限度額が非常に低いのが難点です。大体、多くは10万円ほどであり、それ以上のお金を貸してくれるところはほとんどないのが現状です。もしも専業主婦がそれ以上のお金を借りたいと思うのならば、パートかアルバイトで定期収入がなければほぼ難しいと言えます。

 

これまで見てきたように、主婦がキャッシングをするのは可能ですが、ハードルが高いうえに、あまり高額のキャッシングはできないのが現状のようです。収入がないぶん、返済計画をしっかり考えなくては自分の支払い能力以上のお金を払うことになってしまいますので、借入を考えるときには最後まで十分に考え、どうしても借りなければ駄目だという最後の手段として捉えておくほうが良いでしょう。